お肌に優しいお酒の飲み方とは?

これから年末にかけてお酒を飲む機会が増えると思います。 飲む機会が増えれば自動的に体重も増えてしまうという恐怖が訪れます。禁酒するまでとはいえませんが、太りにくい飲み方をすれば少しはセーブできるかもしれません。 お酒は麦や米から出来ているので、お肌には優しいそうです。

しかしビールやサワーなどの冷たい飲み物は体を冷やすので健康にもお肌にも良くありません。 飲むなら日本酒の熱燗やワインなどがお肌には良いようです。 ワインにはポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用でお肌にも良い効果をもたらします。

食べるものは、塩分控えめでものをチョイスして食べると良いです。もちろんサラダなどの野菜中心ならなお良し。

食べすぎ飲みすぎに注意すれば、あとは余り気にせずに楽しむことが一番です。

お酒を嗜む

あまりにも気にしすぎてストレスになっては、せっかくの楽しい会が台無しですし食べたり飲んだりも美味しく感じられなかったら意味がないですからね。 基本的なことだけを守って楽しくお酒を飲みましょう。

彼氏が出来ないという人は、お酒の席からの自分磨きにも取り組みたいですね。出会いがないと嘆いている人にも意外なところからアプローチがくるようになるかもしれませんよ。

出典引用元 http://幸せな結婚したい結婚相手ナビ.net/

節度あるお酒との付き合い方は、健康の面でも、結婚した後でも大変重要になってきますよね。今のうちからいい付き合い方というのを習慣づける方がいいですね。

ハーブを楽しむ

私、紅茶や緑茶・・・ココアなんかも大好きなんですよね。珈琲だけあんまり好きじゃない。なんか苦い。

ちょっとアロマとかにはまった時期があってその時に美味しいハーブにも出会いました。ハーブって水の温度でも味が変わるんですよ。

とりあえず理想な温度は98度なんですよ。で、自分でもそんな温度くらいで味が変わるなんて!!って思い試してみたんです。

そしたら本当に味が違っていた!!と言っても100度98度で試しただけなんですけどね。ちなみに、ローズで試してみました。

100度(沸騰直後)は、ほのかにローズの香り。ポットを開けてもあまり香りがしませんでした。色は、うすい茶色のような黄色のような・・・といった感じ。

味は、お湯の味が先にして、最後にほんのりローズでした。98度は、いい香りでポットの中も十分香っている。色は、100度より濃かった。すぐにローズの味が広がった。

なんで98度が適していると自分では思ったけど・・・・某ポットメーカーのホームページをみたら、75度ハーブティ98度-紅茶って書いてあった。

そんなに温度が低いの??と思ってしまった。まぁ自分が一番いいって思った温度で飲むのが一番かもしれませんね。ハーブもいろいろな効能があるので一度ためしてはいかがですか?

せっかく脱毛するなら、ずっと生えてこない永久脱毛がいいかも!!

昔、ワキの永久脱毛をしたのですが、最近また、ちょこちょこ毛が濃い気になる部分を発見!?また脱毛したいな~という気持ちが芽生えはじめてきました。
昔にワキを脱毛した時は、ちょっと高かったのですが1年~2年くらいかけて、レーザーできちんと永久脱毛してもらいました。。
おかげでワキはそれ以降、みごとにツルツルです!!全然、生えてきていません。

だけどその永久脱毛も、10年以上も前にしたので、そのサロンに行きたいと思っても、もうそのサロンが無くなってしまっていて、現在サロン捜しに没頭中!!

そこで見つけたのが、永久脱毛専門店『ソルシエール』安くてもムダ毛が無くならなければ意味がありません、一時的ではなく一生を考えた脱毛を・・・と、まさに私のストライクゾーンの言葉。。

これは、運命の出会いと思い、ぜったい行ってみたいと思いました!!
簡単に毛の処理するのもいいかもしれませんが、私はやっぱり時間がかかっても、最期までしっかり脱毛する永久脱毛が、断然おすすめです!!

自力で自律神経失調症を克服

私は精神科に行って自律神経失調症と診断された経験があります。そのころ私には動機やめまい、食欲不振、生理不順、不眠などの症状があり仕事中も辛いと感じていたために精神科を受診することに決めました。初めて精神科を受診したので病院に行くのは本当に緊張しましたが、まずクリニックに予約を入れる時点で驚いたことがありました。それは1週間先まで予約でいっぱいだったことです。私がその時住んでいた地域は風邪で病院に行ってもほとんど待たずに診療してもらえましたし精神科のクリニックをネットで検索するとそこそこ数がヒットしたので数日予約が取れないならまだしも1週間も先となると受診前にもっと気が滅入りました。結局3件くらい電話して1番早く診てもらえるところに決めましたが、うつの方が増えているという事実を実感することとなりました。

自律神経失調症の症状が出た原因は仕事だと完全にわかりきってはいましたが、生活するためには仕事を続けるしかないので仕方なしに出勤していました。それでも自分の症状に病名がつくことでより意識もしますし、薬は処方されたものを飲んではいましたが時間を追う毎にますます体調が悪くなっているという感じでした。その時の仕事は営業職で会社はいわゆるブラック企業。

クリニックの先生とも相談して会社に休職を申し出て、2週間の休職期間をもらい実家で休養しました。2週間の休業は正直とても短かったですがその後の生き方を考える時間は持てました。そして復帰後は会社での勤務時間を短くしてもらい無理のない範囲で働くようにしました。薬は最初の1ヶ月はしっかり飲んでいましたが薬に頼りすぎるのも嫌だったのでその後は飲むのをやめ、自分の好きなことを思いっきりやったり無理に動いたりする日をなくすことで症状が改善していきました。

症状が完全になくなるのは時間がかかると思いますし、現在でも上で挙げたような症状がたまにでることもあります。ですが生活に支障をきたすレベルではないのでゆっくり付き合っていこうと気楽に考えることにしています。薬を飲んで改善した点ももちろんありますが、やっぱり1番良いのは自分の好きなことを少しずつ始めることだと思います。症状が重くて薬を飲んでいる方でもある程度動けるようになったら好きなことを始めてみることをお勧めします。